モンハンクロスの選べる4つの狩猟スタイルと狩技で、56種類以上の立ち回りが可能に!【MHX】

      2016/11/10

モンスターハンターX(クロス)では、14種類の武器種それぞれに対して、最初から4つの異なる「スタイル」を選択することができます。

ゲーム開始時にスタイルを一つ選択しますが、すぐに自宅のアイテムボックスなどで、変更できますのでご安心を。

従来のシリーズ作品だと各武器のプレイスタイルはある程度決まっていましたが、モンハンクロスではお気に入りの武器を使った上で、スタイルと狩技を組み合わせていくことで、色々な遊び方を楽しむことができます。

ここでは、「ギルド、ストライカー、エリアル、ブシドースタイルの特徴」「4つのスタイルの得意なことと苦手なこと(メリットとデメリット)」についてまとめていきます。

モンハンダブルクロスで使えるブレイヴスタイルの特徴、ブレイヴ状態時の各武器固有のアクションのまとめはコチラ

「スタイルによって使える攻撃や使えなくなる攻撃アクション」の情報はコチラ

狩技の仕組み、全武器種共通の狩技、各武器固有の狩技についてのまとめはコチラ

▽下記のタグをタップでメニュー表示切り替え▽

  • 全て表示
  • ギルドスタイルの特徴
  • ストライカースタイルの特徴
  • エリアルスタイルの特徴
  • ブシドースタイルの特徴

モンハンクロスの4種類の狩猟スタイルの分類

[1] ギルドスタイル(安心の従来型スタイル)

MH4Gまでのアクションを過不足なく行えるバランスの良いスタイル。
回避や攻撃のバランスが良いので、慣れた既存のスタイルで遊びたいという方にオススメのスタイル。

他のスタイルでは、回避行動が変化していたり、攻撃の派生が少し減っている部分がありますが、ギルドスタイルにはそういう点はないので、シリーズファンは戸惑う点がないのがメリット。

派手さはありませんが、その分ムダな動きもないのもギルドスタイルの特徴です。
ですが、新しい概念やアクションも追加されていますし、さらに狩技も組み合わせれば、ギルドスタイルでもクロスらしい立ち回りも可能です。

ギルドスタイルの特徴

  • 装備できる狩技は2つ。
  • 前作(4G)の操作とほぼ同じ感覚で使える。
  • ギルドスタイル+狩技を基本とし、「他のプレイをしてみたい」「モンスターに合わせてスタイルを変えたい」という時に、スタイル変更を検討すると良い。

[2] ストライカースタイル(狩技特化型スタイル)

狩技を他のスタイルより多く装備でき、狩技ゲージも溜まりやすい特徴があるので、ガンガン狩技を使っていきたいという方にオススメのスタイル。
狩技メインの立ち回りも可能なので、新しい狩技を覚える程に狩猟スタイルの幅が広がっていきます。

ストライカースタイルの特徴

  • 装備できる狩技は3つ。
  • 攻撃した時だけでなく、攻撃を受けた時にも狩技ゲージが溜まる。
  • 狩技ゲージが溜まりやすいので、狩技をガンガン攻撃の連携に組み込んでいけるスタイル。
  • 操作がシンプルなものが多いので、初心者でも遊びやすい。
  • ギルドスタイルと比べると、減っていたり変わっているアクションもある。

ストライカースタイルの注意点

  • 武器種によっては攻撃の連携がギルドスタイルと大きく異なる場合があり、戸惑う可能性もある。

[3] エリアルスタイル(ジャンプができる空中特化型スタイル)

エア回避(ジャンプ)後にモンスターやハンターやオトモアイルーやタル爆弾を踏み台にすることで、もう一段階高く跳躍できる空中特化型のスタイル。
エア回避の無敵時間はどこ?エリアルスタイルの回避のコツをまとめました

空中での専用アクションを手に入れる代わりに、地上でのアクションが使えなくなっているものがある。

モンスターの攻撃判定が発生する前に、エア回避を出すと、踏みつけ跳躍で攻撃を回避しつつジャンプ攻撃を狙えます。

エリアル回避ジャンプには2回方向転換のタイミングがある!
[1] 踏みつけた瞬間に入力していたパッド方向にジャンプする。
[2] ジャンプ後に入力したパッド方向に攻撃を繰り出す。
なので、モンスターの予備動作を見て、攻撃を予測できれば、
エリアル回避で回避&ジャンプ⇒安全な方向に着地するようにパッド入力⇒モンスターに向かってパッド入力してジャンプ攻撃ヒット。
の対応が可能。 

エリアル回避の無敵時間と踏みつけ判定は、通常の回避よりワンテンポ遅れて発生する
モンスターの直線的な攻撃(突進など)は通常の回避なら、直前にすれ違う(攻撃に突っ込む)ように入力することで回避できる(無敵時間が足りれば)。
エリアル回避の場合は、かなり早めに出すか、逆に逃げるように出すことで、攻撃がヒットする時間を遅らせて無敵&踏みつけ判定のタイミングに合わせることで、回避しつつジャンプできる。(その後、相手の追撃を避けつつ攻撃できるようジャンプ方向を修正すること) 

エリアルスタイルの特徴

  • 装備できる狩技は1つ。
  • どの武器種でも踏みつけ跳躍からジャンプ攻撃を当てることによって、乗りを狙えるのがエリアルスタイル。
  • ハンター、ニャンター、オトモアイルー、タル爆弾、小型モンスターの背を踏みつけても、踏みつけ跳躍できる。
  • エア回避→踏みつけ跳躍の後に、エリアルスタイル特有の攻撃を出せる。
  • ジャンプ攻撃には心眼効果が付いていて、攻撃が弾かれないので、攻撃が弾かれやすい硬い敵には、エリアルスタイルで行く弾かれる隙をなくせる。
  • 連携中や攻撃後の横回避は側転になる。
  • 踏みつけ跳躍成功時にも狩技ゲージが溜まる。

エリアルスタイルの注意点

  • 闇雲に踏みつけ跳躍をしても跳躍後の攻撃を当てるのは難しい。
    的確なタイミングを狙って踏みつけ跳躍していくのが、エリアルスタイル活用のポイント。
  • 「踏みつけ跳躍」を起点とする攻撃は、スタミナを消費するので、スタミナ管理が他のスタイルより重要になる。
  • 空中からの攻撃の前に「エア回避 → 踏みつけ跳躍」という手順が入るので、攻撃を外すと非常に効率が悪い。
    モンスターの攻撃の隙や次の行動をある程度予測できないと、飛んでいるだけの人になる可能性がある
  • 片手剣、双剣(鬼人化・鬼人強化)、スラッシュアックス(剣)は、踏みつけ跳躍時に自動で攻撃が入り、空中でも攻撃できる。
  • 寝ているモンスターを踏みつけると起こしてしまうので注意。

[4] ブシドースタイル(ピンチをチャンスに変える玄人向けスタイル)

ブシドースタイルの回避は、モンスターの攻撃に合わせて回避すると「ジャスト回避」になるのが特徴。
「ジャスト回避」成功後は、方向パッド入力でモンスターへ近づき、ジャスト回避後だけ出せる特殊なアクションと特別な連携を出せる

ブシドースタイルのランス・ガンランス・チャージアックスのみ、ジャスト回避と同様のタイミングでガードすると、「ジャストガード」になり、攻撃を無効化しつつ反撃できる。

回避性能+のスキルを付けても、ジャスト回避のタイミングは長くならない!

ブシドースタイルの特徴

  • 装備できる狩技は1つ。
  • 「ジャスト回避」はギリギリまで攻撃しつつ、回避方向も関係なく発動できるのがメリットだが、弱点を狙うことが難しく、モンスターの追撃に弱い。
  • 「ジャストガード」はガードのタイミングと方向を見極める必要があるので、ギリギリまで攻撃できないが、弱点を狙いやすく、モンスターの追撃にも対応しやすいのがメリット。
  • 「ジャスト回避」後は、パッドを入れた方向へダッシュする。
    ジャスト回避中にターゲットカメラでモンスターの方を向いておくと、ダッシュしやすくなる
  • ジャスト回避後のダッシュ中に、攻撃ボタンを押すとジャストアクションで攻撃できる。
  • ジャスト回避&ガードに成功した時にも、狩技ゲージが溜まる。
JKはギリギリまで攻撃しつつ回避方向も関係なく発動させることができるけど、弱点狙いが難しくモンスの追撃に弱い。 JGはガード移行できるタイミングを作る必要があるからギリギリまで攻撃できないしガード方向を合わせなきゃだけど、弱点狙いやすく追撃に対応しやすい。 一長一短!!

ブシドースタイルの注意点

  • ジャスト回避後にダッシュするタイプの武器種は、ジャスト回避中にターゲットカメラ[L]で、モンスターの方を向いて、方向パッド入力でダッシュすると、ジャストアクションを当てやすい。
  • 初めて相対するモンスターや、トリッキーな攻撃をするモンスター(攻撃のタイミングが読み難いモンスター)とは基本的に相性が良くない。
  • ジャスト回避後のダッシュ中にも油断は禁物。ダッシュ中にモンスターの攻撃が来たら、それもジャスト回避して、連続ジャスト回避からジャストアクションで反撃しなければならないシーンも多々ある。
    なので、当サイトでは「玄人向け」と表記しています。

武器と狩技とスタイルの組み合わせが、モンスターハンタークロスのアクション

モンハンダブルクロスでは、新たに2つのスタイルと多数の狩技が追加されます。

各武器の操作方法、各武器の狩技、スタイルによる変化、おすすめコンボなどのまとめは下記のリンクを参照して下さい。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. ヘタレハンター より:

    ゲリョスの閃光攻撃の時にエリアルスタイルで回避すると無効化出来た時がありましたよー

  2. 3Gから始めた人 より:

    ありがとうございました

  3. ソロ剣士 より:

    エリアルスタイルについて記載がない所について。(長文失礼)

    ・エリアル回避ジャンプには2回方向転換のタイミングがある。
     1.踏みつけた瞬間に入力していたパッド方向にジャンプする。
     2.ジャンプ後に入力したパッド方向に攻撃を繰り出す。
    なので、モンスターの予備動作を見て、攻撃を予測できれば、
    エリアル回避で回避&ジャンプ→安全な方向に着地するようにパッド入力→モンスターに向かってパッド入力してジャンプ攻撃ヒット。
    の対応が可能。 

    ・エリアル回避の無敵時間と踏みつけ判定は、通常の回避よりワンテンポ遅れて発生する。
    モンスターの直線的な攻撃(突進など)は通常の回避なら、直前にすれ違う(攻撃に突っ込む)ように入力することで回避できる(無敵時間が足りれば)。
    エリアル回避の場合は、かなり早めに出すか、逆に逃げるように出すことで、攻撃がヒットする時間を遅らせて無敵&踏みつけ判定のタイミングに合わせることで、回避しつつジャンプできる。(その後、相手の追撃を避けつつ攻撃できるようジャンプ方向を修正すること) 

  4. 匿名さん より:

    エリアルはたくさん移動するモンスターが苦手

    • 作文苦手な人 より:

      エリアルの大剣(ためる)が移動(動く)が苦手

    • レクサス より:

      ドスとかですよね

  5. 月詠 より:

    ブシドー楽しいです

    • K より:

      僕も、ブシドースタイルだよ そしてハンマー

  6. 匿名さん より:

    エリアルの注意点にモンスターが寝てるときに踏みつけて起こさないように、という記述を入れては?
    よくそれで起こしてしまう人がいるので

  7. Naさん より:

    エリアルは爆弾を踏んでもダメージはないので爆弾と寝ているモンスターと相性はいいです

  8. 大和 より:

    説明が分かりやすいですよ。僕はエリアルに決めました

  9. 匿名さん より:

    まあブシドー極めたらノーダメも狙えるんで、ブシドーしか練習してませんw

  10. 匿名さん より:

    ダブルクロスからエリアルスタイルは、スライドパッドで登れる段差を上る途中でBボタンを押すと、壁を蹴りジャンプできます。(MHXの蔦につかまった時のÅジャンプと同じ動き)
    片手剣では抜刀中も使えたので、他の武器種もエリアルなら抜刀中もジャンプできると思います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)