モンハンダブルクロスの弓のギルド・ストライカー・エリアル・ブシドースタイルの操作、おすすめ連携

      2017/05/09

モンハンクロスの弓は、新アクションバックダイブや、ブシドースタイルのジャストアクションにより、回避を組み込んだ弓らしいイメージの軽快な立ち回りも可能になります。

また本作ではスタイルによって剛射と曲射の使用可不可の状況が異なり、

  剛射 曲射
ギルドスタイル
ストライカースタイル ×
エリアルスタイル × ×
ブシドースタイル ×
上記のようになっています。

弓の4スタイルの中では、ジャスト回避からいきなり溜めLv3の矢を射つことができるうえ、続けて剛射も可能なブシドースタイルが、火力面と扱いやすさで抜けているようです。
※ 狩猟対象にもよりますが、ブシドースタイル&アクセルレインの組み合わせがオススメ!

弓の狩技の入手条件と詳細 / 弓の生産/強化の派生表

ここではギルド・ストライカー・エリアル・ブシドースタイルの「弓の特徴」「基本操作」「スタイルによる変化」についてまとめていきます。

【初心者向け】弓の特徴のおさらい

  • 武器出し状態の移動は軽快。
  • 弓は溜めることで溜め段階が上昇。(基本は1~3Lv、装填数UPのスキルで4Lvが解放される武器が多い)
  • 矢の種類と溜め段階によって、矢の飛び方・特徴が異なる。(連射矢・貫通矢・拡散矢・重射矢)
  • 射撃にはクリティカル距離があり、クリティカル距離でヒットした矢は威力が1.5倍になる。(後述)
  • 溜め段階が上がると、攻撃力、属性ダメージ、状態異常蓄積値にプラス補正がかかる。
  • ビンを装着することにより、攻撃時にビンの効果も得られる。(攻撃強化、属性強化、状態異常)
  • 矢のタイプに新しく重射矢(ひるみと部位破壊が狙いやすい)が追加。
  • 強撃ビンがLV1 強撃ビンとLV2強撃ビンの2種類に分類されると共に「属性強化ビン」が追加。
  • スタイルによって、剛射と曲射の可不可が異なる。(前記の通り)

矢の種類とレベル毎の攻撃力

矢の種類ヒット数物理攻撃力属性値
連射Lv111213
連射Lv2212+47+7
連射Lv3312+4+35+5+5
連射Lv4412+4+3+24+4+4+4
連射Lv5412+4+3+34+4+4+4
矢の種類ヒット数物理攻撃力属性値
拡散Lv134+5+45+5+5
拡散Lv235+6+56+6+6
拡散Lv354+5+5+5+44+4+4+4+4
拡散Lv454+5+6+5+44+4+4+4+4
拡散Lv555+5+6+5+54+4+4+4+4
矢の種類ヒット数物理攻撃力属性値
貫通Lv135×35×3
貫通Lv245×44×4
貫通Lv355×54×5
貫通Lv455×54×5
貫通Lv555×54×5

※ クロスの場合は、物理攻撃力が5x◯でなく4x◯になる。

矢の種類ヒット数物理攻撃力属性値
重射Lv111114
重射Lv211415
重射Lv311716
重射Lv411917
重射Lv512018

弓のクリティカル距離、適正距離について

自分が撃っている距離がクリティカル距離かどうかはゲーム内で確認できます。

放った矢が、モンスターにヒットした時に画面が揺れればクリティカル距離、揺れなければクリティカル距離ではありません。

クリティカル距離で矢をヒットさせれば、矢の攻撃力が1.5倍になるので、クリティカル距離を保ちながら立ち回るのが理想です。

ブレイドワイヤーもクリ距離ありますね、体感は連射矢くらい。あと重射矢のクリ距離というか、そもそも前には全然飛ばないけど、拡散矢くらい離れれば以降無限にクリ距離じゃないかと。(コメントより)

矢の種類 赤ゲージがクリティカル距離の目安
拡散Lv1~5 ……..…….…..
連射Lv1~5 ……….………
貫通Lv1~3 …………..…………………………
貫通Lv4 …………..………………………………
貫通Lv5 …………..……………………….…………
重射Lv1~5 …………………………………………………
トリニティレイヴン …………..……………………….…………
ブレイドワイヤー ……….………

弓の溜め段階による補正効果

弓は溜め段階によっても攻撃や状態異常蓄積値に影響を受けますが、特に難しく考える必要はなく、通常は溜め段階3以上でモンスターの弱点部位に矢を撃ちこんでいけば問題なし。
最低でも溜め段階2以上の矢を放っていきましょう。

溜め段階 1 2 3 4
射程距離の補正 × なし
攻撃力の補正 × なし
属性ダメージの補正 なし
状態異常属性の補正 × なし

新アクション「バックダイブ」

[B]のバックステップ後に、続けて[B]を押すと「バックダイブ」になる。
バックダイブでモンスターから距離をとった後は、溜めLv3の矢を放つことができる。
バックダイブから曲射や剛射も可能(スタイルによって異なる)。

弓のスタイル変化に伴う、攻撃や連携の変化

ギルドスタイルと比べた時に、「使えるようになる攻撃や連携」や逆に「使えなくなる攻撃や連携」をまとめています。

ストライカースタイル
  • 「曲射」はできるが「剛射」が使えない。
エリアルスタイル
  • 「曲射、剛射」両方とも使えない。
  • エア回避の踏みつけ跳躍後、「空中射撃[A] → 矢で斬りつけ[X+A]」or 「空中射撃[A] → 前方射撃[X]」が可能。
ブシドースタイル
  • 「剛射」のみ可能で、「曲射」はできない。
  • バックステップが前転回避に変わり、バックダイブができない。
  • 抜刀時も納刀時も、ジャスト回避後のダッシュ中に弓を引き絞ると、新アクション「バックダイブ」と同様に、いきなり溜めLv3の矢を放つことが出来ます。

弓:ギルドスタイルを基本とした操作方法

下記はギルドスタイルを基本とした操作方法の説明です。
エリアルスタイル、ストライカースタイル、ブシドースタイルでは、一部操作が異なる点にご注意下さい。

アクション 操作
照準を定める 操作タイプ1:[R]押しっぱなし
操作タイプ2:[X]で切り替え
バックステップ [B] ※ ブシドーは使用不可
バックダイブ
(単発不可)
バックステップ中に[B]バックダイブで距離をとった後は、溜めLv3の矢を放つことができる ※ ブシドーは使用不可
回転回避 パッド+[B]
ジャンプ近接攻撃
││
││
││
││
││
ジャンプ中に[X]操作タイプ1:[X]長押しで溜めへ派生
操作タイプ2:[R]長押しで溜めへ派生
[A]近接攻撃Ⅰへ派生
││
│近接攻撃Ⅰ
││
││
両方の操作タイプで抜刀時に[A]
操作タイプ1:納刀時、[R+X+A]
操作タイプ2:納刀移動時に[X]
││
│└近接攻撃Ⅱ
│(単発不可)
[A]

溜め行動
│││
│││
│││
操作タイプ1:納刀時、[X]長押し
操作タイプ1:抜刀時、[X]長押し
操作タイプ2:納刀時[R+X+A]長押し
操作タイプ2:抜刀時[R]長押し
│││
││└射撃
││(単発不可)
││
操作タイプ1:[X]を離す
操作タイプ2:[R]を離す
││
│└剛射
│(単発不可)

矢を放った直後に[A]放った矢に続けて、その1段階上の溜めレベルの矢を放つ
※ エリアルとストライカーは使用不可

└曲射
(単発不可)





溜め段階2以上中に[A]特殊な矢を上空に放ち、モンスターを頭上から攻撃
※ [R]を押すと落下地点が表示
※ 溜め段階が上がると、射程距離が延びる
※ 打撃属性の武器と同様に、モンスターのスタミナを奪い、頭に当てると気絶値が蓄積する
※ エリアルとブシドーは使用不可
ビンの選択 [L]を押しつつ[X] or [B]で選択
ビンの装着 抜刀時に[X+A]
抜刀時に[特殊攻撃]
エア回避
│エリアル限定
[B]踏みつけ跳躍後、ジャンプ下発射へ派生  
└ジャンプ下発射
  エリアル限定
踏みつけ跳躍時に[A][X]で前方射撃、[X+A]で近接攻撃へ派生  
ジャスト回避
│ブシドー限定

モンスターの攻撃に当たるタイミングに合わせて回避ジャスト回避後、パッド入力した方向へダッシュ
納刀時のジャスト回避後は、いきなり溜めLv3射撃へ派生
 

└いきなり溜めLv3射撃
ジャスト回避後のダッシュ中に弓を引き絞ると、一気に溜めLv3の矢を放つことができる  

モンハンクロスの弓の関連動画

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 匿名さん より:

    ブシドーの貫通弓を使うなら段差でバッタしてればエリアル大剣や片手剣より優秀
    溜め2が貫通じゃないとできないけどね
    下手したら普通に戦うより火力でると思う
    貫通矢up/弾道強化/フルチャージ/飛燕
    アカムRとフィリアRとお守りでこれだけだけど もっといいお守りなら武器の属性値ぐらいならあげられる

  2. 一発百中のガンマ より:

    普通に溜め短縮あれば良くね

  3. 匿名さん より:

    MHXXでは貫通矢の1HITあたりのモーション値が4から5へと格上げされた。

    • hiroba より:

      修正しました。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)