モンハンダブルクロス!追加される新スタイルやモンスターなどの新要素などのまとめ【随時更新】

      2016/11/20

2016年10月17日の「モンスターハンター Direct 2016.10.27」にて、モンハンダブルクロスの新要素についての発表がありました。

注目の発売日は、2017年3月18日ということですが、随時公開されるMHXXの新情報をこのページにまとめていきます。

モンハンダブルクロスとは?

タイトル名の由来は、前作の要素に今作の新要素をクロスさせて、世界をさらに広げたいという意味で、「モンスターハンター ダブルクロス」となっています。

2015年11月28日に発売されたモンスターハンターX(クロス)に新たな狩猟スタイルその他の新要素を加えて、狩猟スタイルと狩技でハンターの個性を楽しむ世界をより深く追求することができます。

発売日は、2017年3月18日とまだ5ヶ月近く先となりますが、下記の新要素の他にもまだまだ公開されていない要素があるとのこと。

【MHXX/モンハンダブルクロス】発売前動画関連コンテンツのまとめはコチラ

2つの新しいスタイルが追加

「ギルドスタイル」「エリアルスタイル」「ストライカースタイル」「ブシドースタイル」に下記の2スタイルが加わり、モンハンダブルクロスでは合計6つの狩猟スタイルでプレイすることができます。

新スタイル1「ブレイヴスタイル」

通常時はアクションに大きな制限があるが、攻撃を当て続けることで自身を強化し、モンスターの懐へ果敢に飛び込んでいけるようになるスタイル。

他のスタイルとアクションや連携が大きく異なる特徴がある反面、ブレイヴ時には他のスタイルよりも高い火力を発揮できる可能性がある。

メリットとデメリットが混在するブレイヴスタイルなので、モンスターの動きを見極められる熟練ハンターさんにオススメのスタイルです。

ブレイヴスタイルは、納刀継続状態、納刀キャンセル攻撃、各武器固有のブレイヴ状態でのアクションなど、独自のアクションが多数ありますので下記にまとめました。

ブレイヴスタイルの特徴、ブレイヴ状態時の各武器固有のアクションのまとめはコチラ

新スタイル2「レンキンスタイル」

まだブレイヴスタイル発表段階では、ほぼ情報が未公開だった新しく追加されるもう1つのスタイル。

大タルを振りまくって、金色に光る大タルに変化させていました。

レンキンスタイルの特徴のまとめはコチラ

新しい狩技

モンハンダブルクロスにも既存の狩技に加えて、新たな狩技も追加されます。

今作は、6大メインモンスター、6つのスタイルと、6という数字にこだわっているとのことです。
各武器固有の狩技が3つが増えて6つになるかどうかは不明。

ニャンターに新しいアクションが追加

前作では見た目からは想像できなかった強さを発揮したニャンターですが、ダブルクロスのニャンターには4つのアクションが追加されています。

ニャンターの追加アクションはジャスト回避、エア回避、ジャストガード、ブーメラン3連投の4つ

ニャンターに追加アクションは、「ジャスト回避」「エア回避」「ジャストガード」「ブーメラン3連投」の4つ。

サポート傾向によって追加アクションが異なるようで、
・ ファイト、カリスマ=エア回避
・ ボマー=ジャスト回避
・ ガード=ジャストガード
・ アシスト、回復、コレクト=ブーメラン3連投
という風になってます

新しいフィールド

新フィールドの「遺群嶺」の他にも、過去作品から砂漠フィールドが復活するようです。

遺群嶺

新フィールドの「遺群嶺」は、かつてないほど高い山の山頂にあり、神秘的な雰囲気が漂う遺跡跡のようなフィールドです。

パッと見では高低差が多く、平坦な場所が少なそうな印象。

中には滝や洞窟などもあり、探検しがいがあるフィールドとのこと。

新フィールド:遺群嶺のマップ画像、入手できる素材はコチラ

新しい拠点「龍識船」からG級クエストを受注可能

空に浮かんだ龍を研究する施設が「龍識船」で、ここからG級クエストを受注することができます。(4Gにおける大老殿的な場所)

船の舳先(先端)からクエストに出発することができる。

船の左側に連結された船には、武器防具加工屋、オトモ武具加工屋、雑貨屋などがある。

船の右側に連結された船には、オンライン・オフライン集会所がある。

大型モンスターだけでなく、小型のモンスターのステータスも強化されているので、序盤は小型モンスターや鉱石素材から生産できる防具や、ドス~系など比較的狩猟しやすい中型モンスターの素材で生産できる防具を作ると、スムーズにG級クエストを進めやすいことが多い。

新2大メインモンスター

2つ名持ちモンスターはクロスの特徴の一つなので、おそらく数体の2つ名持ちモンスターが参戦してくるであろうことが想像できます。

砂漠には獣竜種:ボルボロスが出現。

雪山では飛竜種:ベリオロスと戦うことができます。

飛竜種:鏖魔ディアブロス(おうま でぃあぶろす)

2つ名持ちモンスターの筆頭モンスターで、片角が大きく発達し、もう片方の角が三叉に分かれている特徴がある。

鏖魔ディアブロスの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめはコチラ

古龍種:銀翼の凶星バルファルク(ぎんよくのきょうせい ばるふぁるく)

翼脚が変化する特徴があるモンスターで、翼脚が槍などに変化させて、ハンターに襲いかかる。

新フィールド遺群嶺にバルファルクが出現します。

初見殺しのモンスターでソロプレイだとなかなか苦戦しそうな感じがあります。

体験版バルファルクの討伐に成功した時の攻略メモはコチラ(情報提供)

バルファルクの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめはコチラ

セーブデータ引き継ぎについて

モンハンクロスのセーブデータの特典

前作「モンハンクロス」のセーブデータを持っていれば、武器・防具・アイテムなどほぼ全てのデータを引き継いだ状態で、ダブルクロスをプレイすることができる。

MHXからのセーブデータ引き継ぎまとめ(名前、性別、アイテム、武器、防具)はコチラ

モンハンストーリーズのセーブデータ特典

オトモ装備で、ナビルーになりきれるオトモ装備が特典として手に入る。

ダブルクロスの体験会について

2016年11月12日より、全国各地で「モンハンダブルクロス」の体験会が行われる。

体験会についての情報(公式サイト)

  • 11月12日(土) 福岡:イオンモール福岡=整理券制
  • 11月20日(日) 名古屋:イオンモール常滑=整理券制
  • 11月26、27日(土、日) 東京:新宿区内某所=MH部限定完全応募制
  • 12月3、4日(土、日) 大阪:中央区内某所=MH部限定完全応募制

【MHXX】秋の体験ツアーの日程、応募条件、ブレイヴスタイルやバルファルクなどについての情報提供はコチラ

その他モンハンクロスとの違い

狩猟笛の演奏効果の表示箇所が変更

モンハンクロスでは、狩猟笛の演奏効果は画面中央に表示されていたが、ダブルクロスでは演奏効果の表示が画面左下へ変更になる。

以前の狩猟笛の効果は中央に表示されていた
ダブルクロスでは、狩猟笛の演奏効果が左下に表示されるようになった

エア回避やジャスト回避時のエフェクトが変更

クロスでは、エリアルのエア回避・ブシドーのジャスト回避時は白いエフェクトだったのが、青白いエフェクトに変更されている。

設置した罠を破壊可能になった

これまでのシリーズ作品では罠を設置して捕獲に失敗した後は、一定時間経つまで新たに罠を設置することができなかった。

ダブルクロスでもこの点は変わらないが、自分が設置した罠の場所で[A]を押せば、罠を破壊できるように変更されました。

なので、二つ名モンスターの捕獲クエストなどで、捕獲に失敗した時も罠を破壊すれば、すぐに捕獲に挑戦できます。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 瀬戸 より:

    きっとまた双剣や片手剣が強化されて
    操虫棍や大剣がおいてかれるんやろな…

  2. ロキ より:

    オトモは雇いなおさなくてもいいと助かるなぁ。頑張ってたくさん育てたし。       武器(できれば防具)もG級に強化できないものはないといいけども。
    個人的に4Gではこれらの不満がひどかった。
    正直当たり前かと思うけども、作ったもの育てたものが無駄にならないようにしてほしいな。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)