【モンハンダブルクロス】ブレイヴスタイル/弓の操作、納刀キャンセル攻撃、おすすめ連携【MHXX】

      2017/09/05

モンハンダブルクロスのブレイヴスタイルの弓は、基本的に抜刀状態で移動しているので、納刀継続に入るのが楽で、遠距離からブレイヴゲージを溜めやすいのが特徴。

ブレイヴ状態に入ると、剛溜め専用矢、真剛射、剛溜め連射が使用できるようになるほか、通常射撃も強化されて溜め段階2をすぐに撃てるようになります。

弓の狩技の入手条件と詳細 / 弓の生産/強化の派生表

通常時とブレイヴ時に変化するアクション

通常時は、バックステップからのバックダイブが使えないが、ブレイヴ状態になると使えるようになる。

ブレイヴ弓は、ブレイヴ状態に入ると通常射撃も強化されて溜め段階が2から始まります。
溜めずに撃っても溜め2で撃てるので、剛射の特性をより活かせるようになり、他のスタイルよりも早く溜め3~4を撃てるようになります。

ブレイヴ弓は通常時、ブレイヴ状態共に溜め行動が変化して、 移動せずに溜めると溜め速度が早くなり、逆に移動しながら溜めると遅くなります。

そしてブレイヴ状態に入ることでさらに溜め速度が早くなります。
そのため溜めずに撃っても溜め2で撃てるという訳です。

原理は、矢をつがえてから放つまでに、溜め段階が2へ移行しているためです。
集中なしでこの速度なので、集中を発動させればさらに早くなります。

ちなみに雑念を発動させた場合は、溜めずに撃ったら溜め段階が1のままになります。

納刀キャンセル攻撃は剛溜め

弓の納刀キャンセル攻撃は納刀継続から、剛溜めに入ってからの射撃。
遠距離攻撃なので当てやすい上、ゲージも溜まりやすいのが特徴。

剛溜め段階別ブレイヴゲージ上昇量
剛溜め1 剛溜め2 剛溜め3 剛溜め4
1倍 1.2倍 2倍 2.5倍

※ 剛溜めLv4はブレイヴ状態時のみ使用可能。

剛溜め発射専用矢は曲射タイプで決まる

剛溜め=納刀継続から派生する溜め行動で、弓に設定された曲射タイプに応じた専用の矢を放つ。

※ 剛溜め専用矢には飛距離補正が適用されない。

曲射タイプ:放散
当たると広範囲に複数のツブテをばらまく矢。
属性攻撃や状態異常攻撃と相性が良い。
威力 状態異常蓄積値 ヒット数 減気値 気絶値
矢:2
ツブテ:3(最大3発)
矢:極小
ツブテ:極小(最大3発)
3 極小(最大3発) 極小(最大3発)
曲射タイプ:集中
一定距離で狭い範囲にツブテを破裂させる矢。
対象を気絶させやすく、ブレイヴゲージが溜まりやすい。
威力 状態異常蓄積値 ヒット数 減気値 気絶値
矢:2
ツブテ:6
矢:極小
ツブテ:極小
6 極小
曲射タイプ:爆裂
着弾時に袋に詰まったツブテを爆発させる矢で、まとめて当てると高威力。
爆裂型は部位に与えるダメージが1.1倍。
威力 状態異常蓄積値 ヒット数 減気値 気絶値
矢:2×3
爆発:15(最大3発)
矢:極小
ツブテ:極小(最大3発)
3 極小(最大3発) 極小(最大3発)

※ 剛溜め発射専用矢にも、弓に装着したビンの効果は付与されます。

剛溜め矢は、適正距離で使わないと非効率的

曲射、放散と集中タイプの剛溜めは適正距離でないとヒット数が激減していました。
集中タイプは、自身の位置から前転回避1回分?と非常に近い距離が適正距離なので、拡散弓と相性が良さそうです。

放散タイプは、通常矢のクリティカル距離ほど離れていないとヒット数減ってしまうようです、それと照準のライン限界地点あたりで矢が消失しました。

また、放散タイプの剛溜めがボウガンの内蔵弾:榴散弾に似ていると思い、仲間の行動阻害になるのではと思いましたが、拡散するツブテは意外と狭いみたいで、あまりハンターへはヒットしませんでした。
ただ、ひるみはするようなので狙う位置に注意したほうがよいです。

弓のブレイヴ状態専用アクション

真剛射

納刀継続中の剛溜め発射時に、さらに[A]で真剛射を放つ。
真剛射時は、通常の剛射と同様に、1段階上の溜め段階の剛溜め専用矢が発射される。

剛連射

「剛連射」は、剛射の後に続けて1射撃するというもの。
※ 剛連射時は、剛射の1/3のスタミナを消費。

弓:ブレイヴスタイルの操作方法

下記はダブルクロスで追加されたブレイヴスタイルの操作方法の説明です。
近接攻撃、バックステップ、前転回避、剛溜め発射、剛射、剛連射後に、納刀継続状態へ派生可能。

追記すべき情報や間違いがありましたらコメントお願いします。

アクション 操作
照準を定める 操作タイプ1:[R]押しっぱなし
操作タイプ2:[X]で切り替え
バックステップ [B] ブレイヴ状態時はバックダイブへ派生

└バックダイブ
 (単発不可、通常時も不可)
ブレイヴ状態時のバックステップ中に[B] バックダイブで距離をとった後は、溜めLv3の矢を放つことができる
回転回避 パッド+[B]

納刀継続


[Y長押し]

└剛溜め
  (ブレイヴ時は真剛溜めになる)

納刀継続中に
操作タイプ1:抜刀時[X]長押し
操作タイプ2:抜刀時[R]長押し ※ 剛溜めから放つ矢は、曲射タイプによって変わる。
真剛溜め時は、1段階上の溜め段階の矢を放つ。
ジャンプ近接攻撃
││
││
││
││
││
ジャンプ中に[X]操作タイプ1:[X]長押しで溜めへ派生
操作タイプ2:[R]長押しで溜めへ派生
[A]近接攻撃Ⅰへ派生
││
│近接攻撃Ⅰ
││
││
両方の操作タイプで抜刀時に[A]
操作タイプ1:納刀時、[R+X+A]
操作タイプ2:納刀移動時に[X]
││
│└近接攻撃Ⅱ
│(単発不可)
[A]

溜め行動
││
││
││
操作タイプ1:納刀時、[X]長押し
操作タイプ1:抜刀時、[X]長押し
操作タイプ2:納刀時[R+X+A]長押し
操作タイプ2:抜刀時[R]長押し
││
│└射撃
│(単発不可)
操作タイプ1:[X]を離す
操作タイプ2:[R]を離す

└剛射
 │(単発不可)
 │
 │
 │

矢を放った直後に[A] 放った矢に続けて、その1段階上の溜めレベルの矢を放つ
ブレイヴ状態時は[A]で剛連射へ派生
 │
 └剛連射



剛射後に[A] ※ 剛射の1/3スタミナ消費。
ビンの選択 [L]を押しつつ[X] or [B]で選択
ビンの装着 抜刀時に[X+A]
抜刀時に[特殊攻撃]

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. ロリ巨乳主義ヌーマ より:

    ブレイヴゲージ稼ぎと攻撃能力だけに絞ると頭ひとつ抜けてる性能
    ゲージ稼ぎのための納刀キャンセル攻撃が身動きも標準も変更できない
    スキがでかい攻撃だがその分のゲージ稼ぎ能力は超優秀
    なんとキャンセル溜め攻撃を3回当てるだけでゲージMAXという速さ!
    剛射がもう一発打てるようになったおかげで敵が状態異常になるのが早くなり
    火力も上がったおかげで罠や睡眠爆破も併用するとクッククエが3分もかからず終わる
    (適当にやって 記録:2分52秒)

  2. 匿名さん より:

    俺は弓操作タイプ1でやってるけど剛溜めで照準定められたぞ?普段どおりR長押しで。
    それと剛連射についてだけどスタミナ微量に発射前に消費してる。
    体験版のハンターノートにも剛連射の項目にスタミナを消費って書いてある。

    • 匿名さん より:

      因みに消費量は体力ゲージの上の部分に小さい棘の様な模様があるんだけど
      剛射は3つ分消費、剛連射は1つ分消費だったな。
      まぁ、要するに剛射の3分の1程のスタミナを消費するってことかな。

      • hiroba より:

        ありがとうございます、修正しました。

        • 匿名さん より:

          操作方法の剛連射が消費しないままになってます

  3. 匿名さん より:

    爆裂の剛溜めがかなり強そうです
    おそらく固定ダメージ
    ガムート、グラビ、モノブロがさくさくです

  4. 匿名さん より:

    爆裂は地面に着弾した爆発を当てないと意味ないのかな

  5. ななし より:

    曲射、拡散と集中タイプの剛溜めは適正距離でないとヒット数が激減していました
    集中タイプは自身の位置から前転回避1回分?と非常に近いです、拡散弓と相性が良さそうです
    拡散タイプは通常矢のクリティカル距離ほど離れていないとヒット数減ってしまうようです、それと照準のライン限界地点あたりで矢が消失しました

    また、拡散タイプの剛溜めがボウガンの内蔵弾:榴散弾に似ていると思い仲間の行動阻害になるのではと思いましたが拡散するツブテは意外と狭いみたいで、あまりハンターへはヒットしませんでした。ただ、ひるみはするようなので狙う位置に注意したほうがよいです

    • hiroba より:

      追記させて頂きました。

  6. 匿名さん より:

    爆裂はクリティカル距離なし?

  7. 匿名さん より:

    爆裂タイプが謎。威力は高いんだろうけど、適正距離とかどこにどう判定が乗ってるのかがわからない。

    • ・・・!? より:

      たぶんクリ距離はない
      放物線を描いて飛んでいって狙いをつけにくいけど飛んでいってモンスターに当たった時と地面に着弾して爆発したときに当たり判定がある
      爆発部分を当てないとブレイブゲージはあまり溜まらない

  8. 匿名希望のハンターY より:

    ブレイヴ弓はブレイヴ状態に入ると通常射撃も強化され溜め段階が2から始まります
    溜めずに撃っても溜め2で撃てるので剛射の特性をより活かせるようになり、
    また他のスタイルよりも早く溜め3~4を撃てるようになります
    参考になれば幸いです

    • 匿名希望のハンターY より:

      ブレイヴ弓に関する追記
      ブレイヴ弓は通常時、ブレイヴ状態共に溜め行動が変化して、
      移動せずに溜めると溜め速度が早くなり、逆に移動しながら溜めると遅くなります
      そしてブレイヴ状態に入ることでさらに溜め速度が早くなります
      そのため溜めずに撃っても溜め2で撃てるという訳です
      原理は矢をつがえてから放つまでにはもう溜め段階が2へ移行しているためです
      集中なしでこの速度なので、集中を発動させればさらに早くなります
      ちなみに雑念を発動させた場合は溜めずに撃ったら溜め段階が1のままになります

      • hiroba より:

        さらに追記させて頂いております。

  9. 匿名さん より:

    爆裂型の剛溜めの爆発って、ボマーとか特定射撃強化とかのスキルで火力上げられるのかな?

    • ・・・!? より:

      ボマーは分かりませんが特定射撃強化なら爆裂型に限らず放散型・集中型・剛射にも効果がありますよ

  10. 匿名さん より:

    剛溜めに関して放散は最大6HITあると思うよ、距離によって違うけど
    多分集中と同じじゃない?

    自分の感想だが剛溜めには放散タイプが一強すぎる
    爆裂は強いがPTだと幾ら気を付けてると一回だけあったっただけで親の仇にされるし
    相手が自ら当てに行ってもお前のせいだし
    仮に当たってないとしても言われなくても心に悪いわ

    最初集中はかっこいいなって弓の事情で接近攻撃も実用だと思うけど
    流石に射程短すぎる、ブレイヴケージ全然溜まらない
    相当に近い距離でも当たらないからな

    放散より強いならまだしも、放散と同じくらい性能にもかかわらず
    射程と適正距離の違いが3倍おろか5倍以上もある

    曲射と違って剛溜め使わないとブレイヴ割と無理だから
    封じるという選択もない

    結局本気でブレイヴ弓を極みたいなら
    爆裂と集中タイプの弓使うなよって言われた気分という話でした

  11. H より:

    剛溜め矢は、適正距離で使わないと非効率的~の追記分ですが、曲射タイプは拡散ではなく放散ではないでしょうか。
    以下、【拡散】→【放散】に書き換えたものです。

    曲射、【放散】と集中タイプの剛溜めは適正距離でないとヒット数が激減していました
    集中タイプは、自身の位置から前転回避1回分?と非常に近い距離が適正距離なので、拡散弓と相性が良さそうです。

    【放散】タイプは、通常矢のクリティカル距離ほど離れていないとヒット数減ってしまうようです、それと照準のライン限界地点あたりで矢が消失しました。

    また、【放散】タイプの剛溜めがボウガンの内蔵弾:榴散弾に似ていると思い、仲間の行動阻害になるのではと思いましたが、拡散するツブテは意外と狭いみたいで、あまりハンターへはヒットしませんでした。
    ただ、ひるみはするようなので狙う位置に注意したほうがよいです。

    • hiroba より:

      修正しました。

  12. 匿名さん より:

    【剛溜め発射専用矢は曲射タイプで決まる】
    剛溜め=曲射タイプの弓を装備している時、通常時の納刀継続………

    と書かれていますが
    スタイルによって曲射か剛射か決まるので、『曲射タイプの弓』という
    表記は違和感があります。

    • hiroba より:

      修正しました。

  13. どこかのハンター より:

    弓の剛射は通常の射撃をおこなわなくても発動できるので
    通常なら溜め段階2の射撃になるところを直接剛射すれば溜め段階3で撃てたりできます。
    これを利用し、特定射撃強化を付けた状態(付けなくても良いが、剛射・剛連射特化なので付けたほうがダメージ効率UP)でブレイヴ状態・集中無し・Lv3連射矢の通常の射撃~剛連射のコンボと、直剛射→剛連射の二つのパターンの大体の速度を頭の中で再現し、ダメージ計算してみたところ…
    通常パターン:1パターンモーション…約5秒
           1パターンダメージ…(12+4+3)+(12+4+3)×1.2(×2)=63ダメージ(式途中の小数点以下は切り捨て)
    直剛射パターン:1パターンモーション…約3秒
            1パターンダメージ…(12+4+3)×1.2(×2)=44ダメージ(上記と同様)
    という結果になりました。
    通常パターンモーションが約5秒なので2回で約10秒、直剛射場合1モーションが約3秒なので通常コンボでの2モーション中に直剛射パターンは3モーションできるというわけです。
    これを計算してみると…
    通常パターン:63×2=126
    直剛射パターン:44×3=132
    なんと直剛射パターンの方がダメージを上回りました。
    今回の結果から通常の射撃からつなげるよりも、剛射から始めることにより隙も少なくダメージが通常よりも高くなることが分かりました。
    みなさんもこの方法をご活用ください。
    長文失礼しました。

    • どこかのハンター より:

      すみません、直接出せるのはブシドーだけでした

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)